ホリデイ・トレッキング・クラブ

<成功裏に終了しました、皆様ありがとうございます。>

2010 年10 月に名古屋で採択された名古屋議定書は2014年10月に発効し、現在、すでに94か国が批准し、2016年12月には締約国会議COP13/MOP2がメキシコで開催された。一方、日本政府は名古屋議定書の批准に向けて国内措置の検討を進めており、現在、批准が本年の通常国会の審議事項となっており、さらに各省庁合同で「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針(案)」が作成されており、パブリックコメントが募集されている。

そうした状況の中で、名古屋議定書の批准に向かい、生物多様性条約及び名古屋議定書に対応した大学の制度設計が必須となっている。そこで、日本の大学の中で組織として、取り組みを始めた大学を紹介し、今後の取り組みを検討中の各大学の参考とするため今回の意見交換会を企画した。併せて今回の意見交換会では、COP13/MOP2の参加報告を行うとともに、日本の国内措置について学術機関の関係者への説明を行い、国内学術機関での共通理解を深める。

NEWS

2017.1.20  意見交換会 HP オープン 

おすすめスポット

ABS学術対策チーム

ABS学術対策チームLinkIcon